軽井沢、御代田、小諸、佐久エリアの動物病院/あさま動物病院にようこそ

ワンちゃん・ねこちゃんの家庭の医学

  • HOME »
  • ワンちゃん・ねこちゃんの家庭の医学


 
 
 

犬の誤食について

犬は、人間の食べ物だけでなく、おもちゃや石などなんでも誤食しやすい性質があります。
またネギ類やチョコレートなど、人間は大丈夫でも犬にとっては毒になるものもあります。

症状 症状

◆ 下痢・嘔吐
◆ やたらと水をのむ
◆ ふらつき
◆ 尿が濃い黄色になる
◆ 興奮する

上など、食べたものによって様々な症状が見られます。
激しい症状がなくても、食べた物を全て吐いてしまうような時には、胃の中に異物がある場合があります。

 

誤食すると特に危険なもの 誤食すると特に危険なもの

◆ ネギ類
◆ チョコレート(特にカカオ含有率の高いもの)
◆ キシリトール
◆ エチレングリコール(保冷剤)
◆ 竹串などの串
◆ ひも状になるもの(ひも・ストッキング・タオルなど)
◆ 人間の薬・洗剤などの薬物
◆ 犬用のおもちゃ


 
 
治療 治療

食べたものと経過した時間によって、処置が異なります。

◆ 催吐処置
◆ 内視鏡による異物除去(麻酔下)
◆ 開腹手術(麻酔下)
◆ 点滴などの支持療法
◆ 経過観察

 

予防 予防

誤食の予防は、飼い主様にきちんと管理をして頂くほかありません。

◆ 犬の届く場所にはものを置かない。
◆ 犬が体当たりしても中身が出ないような仕掛けのゴミ箱を設置する。
◆ お留守番させる時には、ケージや囲いを使って隔離する。

など、特に子犬の時から徹底して気をつけてあげてください。
また、誤食に気付かれた際には、なるべく早く当院にご連絡ください。

 

TEL 0267-32-6454 【受付時間】平日・土曜9:00-11:30/17:00-18:30【休診日】日曜・土曜午後・祝日午後

ワンちゃん猫ちゃん家庭の医学 LINE情報発信中 sideBn02koso-e1463963533449 オーラルケア Team HOPE sidebn01pethotel ミルクボランティア 老犬・老猫介護 里親募集 sidebn02_1129 あさま動物病院 エンディングノート sideBn01paw2-e1463723170773

取扱い薬品

フォートレオン ブロードライン ネクスガードスペクトラ

取扱い製品

あさま動物病院のシャンプー製品あさま動物病院のオーラルケア製品  

犬の問題行動治療・しつけ指導

kadobelogo11

連携動物病院

sitename
PAGETOP
Copyright © あさま動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.