先日里親募集中の子猫の便がゆるかった為検便をしたところ

「コクシジウム」というお腹の中に寄生する

目には見えず、顕微鏡で見ることのできる原虫が検出しました。

「コクシジウム」がお腹にいると「コクシジウム症」になることがあります。

健康で大人の猫ちゃんは通常発症しません。

しかし、ストレスを感じていたり、免疫が落ちたり、子猫だと発症することがあります。

発症すると子猫ちゃんは水様性の下痢が主な症状です。

他のウイルス感染症と重複感染があったり、疫力の低下により症状が重くなると、

血便や脱水、貧血、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

治療はお薬の投与です。

今回の子猫達の感染は母猫からの母子感染だと思われます。

お母さんも一緒に治療しています。

譲渡する際にはしっかり治してからになりますので安心してください。

子猫達もお母さん猫も元気食欲はありますので、

治るまでもう少々お待ちください(*’▽’)