また、前回から時間が空いてしまいましたが

猫の栄養学の続きをお話ししたいと思います。

①匂い

生まれた時には嗅覚を持っていて生後三週間までに発達します。

また、ひと肌程度に温められた食事を好むため

なかなか食べないネコちゃん、ワンちゃんに試してみましょう。

食器も陶器>ガラス>ステンレス>プラスチックの順で

陶器が一番オススメです。

ネコちゃんの場合は浅い食器でひげがぶつからないものが

よいでしょう。

②形状・質感

品種によって食べ方も違うのでその子に合った

大きさや質感のものを探してみましょう。

(ペルシャなどの短頭種は舌の下で舐めとるように食べます。)

③味

猫は塩味をもっとも好み、酸味や苦みなどの刺激性のある味は好みません。

薬が出たときにごはんと一緒に与えるとそのごはんに対して

食物嫌悪になることもあるので注意が必要です。

 

以上で栄養学についてはおしまいです。

次回は問題行動などについてお話ししたいと思います。

05_19