皆さんの飼われている猫ちゃんはしっかりワクチンを打たれていますか?

ワクチンは、死に至る感染症から大切な猫ちゃんたちを守ることができます。

生まれたばかりの子猫などは、母乳中に含まれる母猫からの免疫(移行抗体)が

様々な病気から守ってくれますが、この移行抗体は日ごとに減少し、

生後数ヶ月にかけて消失してしまいます

子猫の場合、1歳になるまでに1ヶ月ごとに3回ワクチンを打つことで、免疫効果が高まります。

3回目以降は、年に1回のワクチン接種で大丈夫です。

当院では、5種のワクチンを打たせていただいているので、5種のワクチンで予防できる感染症を

ご紹介します。

発症すると、重篤化する可能性がある一般的な感染症や細菌感染症から守ることができます。

必ずしも、ワクチンを打ったからといって感染症にかからないわけではありませんが、

感染症の病原体にさらされても免疫系が迅速に察知し、効果的な防御反応を起こしてくれます。

そして「室内飼育だから、私の家の子猫(猫)は感染症にかからない」ということでもありません。

室内飼育でも、飼い主や来訪者などの靴や衣服などでも感染してしまうかもしれません。

外出中に感染した排泄物を踏んでしまったりすることで、家の中に感染源を持ち込んでしまうのです。

子猫で外に出る子は少ないと思いますが、外に出る猫ちゃんたちは外で他の猫ちゃんと

ケンカをした時などに白血病やエイズに感染してしまうリスクがあります。

ウイルスチェックなども病院で検査もできるので、気になる方はチェックも合わせて診察させて

いただければと思います。

そして、子猫のうち(約1歳になるまで)は虫下しも合わせて一緒に予防していただければ、

より安心かなと思います。虫下しは1ヶ月に1回のペースになります。

虫下しの必要性はこちらに載っているので読んでみてください。(虫の写真が載っているので注意してください)

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454