先日ある記事を読みました。

旦那さんを亡くし独りになったおばあちゃんと猫の記事です。

そのおばあちゃんは、旦那さんが亡くなった途端疲れが目に出て

物が見えづらくなったそうです。そのせいでおばあちゃんは

毎日リビングのソファーで何もすることなく

時間を持て余していたそうです。

ある日そのおばあちゃんの弟さん(記事の著者)が

こんなことを言ったそうです。

「猫飼う?」

猫の方が長く生きるかもしれませんが

もしその時がきたらその時に考えればいいと

思い切った決断をしたそうです。

そして猫が来てからそのおばあちゃんの声が変わったそうです。

10歳若返ったそうです。

その記事にも書いてありますがまさに”猫恐るべし”です。

出典:「生活と自治」 ふじわら しんやさん

 

そしてこれからは私のお話になりますが、

私も今年で4歳の猫(このは)を飼っています。

病院から引き取った猫です。

最初は猫を飼うことに反対だったうちの両親も

いざ飼ってみたらかわいくて仕方ないらしく

今ではとても可愛がっています。

このはがうちに来たことで私の苦手な虫にいち早く

発見できるようになったことと(笑)、

家族の喧嘩が少なくなったことと、

常に毎日が楽しくなりました。

そして、このはをたまにおばあちゃん家に

連れていくのですが、とても喜んでくれます。

おばあちゃんは80歳を超えて足腰が弱くなり

一緒に出掛けることもあまり出来なくなりましたが

このはを連れていくことで元気になってくれている気がします。

それで、このはをいつでも見れるように色紙を作りました。

(ほぼ妹が作ったのですが…)

おばあちゃんのお友達が来た時に「かわいいね」と

言ってくれるそうで良かったなと思いました。

 

改めて猫や犬などがくれるパワーは凄いなと思います。