親猫がいないこねこを保護した場合は

親猫同様に世話をしないといけません。

当院では保健所からきたこねこを世話する際、

2~3時間おきに1日5~6回哺乳をしたり

排泄の介助などをしています。

日中の勤務中はこまめに世話をするのが難しいので

ミルクボランティアさんにお願いして

見てもらうときもあります。

しかし、哺乳びんの乳首の感触に違和感があったり、

作ったミルクに慣れなかったりすると

なかなか飲まないこともあります。

飲まないからといって放っておくと

こねこはすぐに低血糖・低体温になって弱ってしまいます。

その場合は様子を見ずに電話をし、

すぐに病院に連れてきてください。

先日、急患で見たこねこも

ぐったりしていて低血糖になっていましたが

すぐに診察したおかげで元気になりました。

こねこを保護しはじめて授乳をする方にも

アドバイスをおこなっております。

どうしても飲まない場合は

シリンジやカテーテルを使ってミルクを飲ませたり

ブドウ糖を与えたりします。

また、親猫がグルーミングをする代わりに

歯ブラシで体の表面をやさしくなでて刺激を与えると

歯ブラシの感触が猫の舌と類似していて

こねこも安心し、免疫力もあがるのでおすすめです。

 

こねこのうちは(特に授乳期)よく観察し

丁寧に見ていくことが大切です。

こねこを保護して何か分からないことなどありましたら

ぜひ相談にお越しください。

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454