最近ではペットショップから飼う際には

ほとんど入っているマイクロチップ!耳にする機会も多いのでは?

当院でも里親で出した子には避妊・去勢時に入れさせてもらっています。

そんなマイクロッチップについてお話していきます。

まずはじめにマイクロチップとは?

マイクロチップは、直径2㎜、長さ8~12㎜程度の円筒形の

電子標識器具で、内部はⅠC、コンデンサ、電極コイルからなり、

外側は生体適合ガラスで覆われている本当に小さなものです。

なので大変な処置も必要なく注射を打つ要領で過度な痛みや負担を与えず

入れることが出来ます。

そうして入れたチップには、世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されており、

この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取ることができます。

一度体内に埋込むと、脱落したり、消失することはほとんどなく

データが書きかえられることもないため、確実な身元証明になります。

リーダーから発信される電波を利用してデータ電波を発信するため

電池が不要で、半永久的に使用できます。

動物の安全で確実な身元証明の方法として、

日本だけではなく、世界中で広く使用され

海外で迷子になっても身元証明が出来るのです。

マイクロチップがどんなものかだいたい分かりましたか?

次回はメリットなどをお話します...

ご相談したい方はお気軽にお電話を★