最近は雨続きで、朝晩は少し肌寒いですね。

私たちも体調を崩さないよう、気をつけます!

さて、先日保護した子猫ちゃんは、

まだ授乳が必要なのでスタッフが交代で連れて帰っています。

我が家にも早速連れて帰りました(*^_^*)

cimg7760 ごくごくごくごく♫

この顔…!♡たまらない可愛さですよね~♡!!

ぎゅっと哺乳瓶を握っているところもポイント高いですね(笑)

さて、このくらいの大きさの子ですと、

1日6~7回くらいの授乳が必要です。

私たちも日中の業務の間に与えたり、

夜中は連れて帰って与えています。

この子たちのほかに、もう2匹兄弟がいるのですが、

その子たちはミルクボランティアさんのご協力で、

面倒を見てもらっています(*^_^*)

ミルクボランティアとは、

授乳が必要な一定の期間、授乳や排せつ介助、

健康状態のチェックをしてもらう方々の事です。

大体生後1か月ほどで離乳になるので、

その期間までのお世話をお願いしています。

その子猫に使用するミルクや哺乳瓶、

ペットシーツなどはすべて病院から支給いたします。

ボランティアなので無償で見ていただくことになりますが、

子猫の成長をともに見守れる素晴らしい活動だと思います。

 

ですが現在、実はミルクボランティアさんが足りていません。

大変なお仕事ではありますが、とてもやりがいを感じられます!

ねこちゃんを飼ったことがない方でも大丈夫です。

スタッフが1からお教えします(*^_^*)

今ご協力いただいている方も、ねこちゃんは初めてでしたが、

昨年と今年で2回もご参加いただいています(*^_^*)

ミルクボランティアに興味のある方は、お話だけでも構いません!

当院までお電話お待ちしております。

あさま動物病院

TEL:0267-32-6454