動物にも性別関係なく様々な病気がありますが、

今日はメスしかならない病気のお話です。

その病気はある場所に膿がたまってしまうものです。

病名は「子宮蓄膿症」…そうです、

オスには子宮がないので、この病気にはなりません。

中年齢の避妊をしていないメスがなることが多く、

適切な治療を行わないと命に関わる病気です。

そして、避妊手術をしているメスも子宮と卵巣を取っているので

この病気にはなりません。

この病気の代表的な症状として、発情(ヒート、生理)が終わって少しすると

●食欲がなくなる  ●お水を沢山飲む  ●嘔吐する  ●陰部から膿が出る(出ないこともあります)

などがあります。

ただし、膿がたまっていても症状が出ないこともあるので

発情が終わってしばらくは様子を観察すると安心です。

先日も発情が終わって10日ほどたってから、食欲や元気がなくなり、

食べたものを吐いたという6歳の未避妊のワンちゃんが来院しました。

話を伺うと、普段は心配になるくらい水を飲まないのに

この数日はやたら飲む、とのことで

陰部を見てみると膿で汚れていました。

超音波の検査で子宮を見てみると…膿がパンパン!

幸い血液検査では、大きな異常が見られなかったので

手術を行いました。

取り出した子宮には約1キロ以上の膿が詰まっていました。

手術を行った後はご飯もよく食べ、元気になり、つい昨日退院できました♪

避妊の手術をしていないメスのワンちゃんを飼っている方は、

この病気のことを頭の片隅に覚えておくといいですね!

なにか症状が出たときは、様々な病気の可能性もあるので

数日様子を見る…のではなく!

早めに病院へ連れていきましょう(^-^)