久しぶりのイルカの仲間紹介シリーズです♪

今回紹介させていただくのは、世界で1番大きい生き物「シロナガスクジラ」です!!

(インターネットより)

シロナガスクジラは、ヒゲクジラ亜目に属するのでイルカの仲間ではありません。

現存する生物の中で1番大きい生き物と言われています。

(インターネットより)

全長26m、体重190tと何と比べても勝つものはありません。

最大29.9m、199tのシロナガスクジラが発見されたそうです。

生き物はだいたいオスの方が大きいのかなと思いますが、オスよりメスの方が若干大きいそうです。🙀

生息地域は、熱帯から寒帯の外洋域だそうです(どこ、、?)

オホーツク海や、地中海、日本海、東シナ海にはあまり分布していないそうです。

極たまに、浜に打ち上げられてしまったというニュースを見ます。切ないですね。

しかし、野生では35〜40年も生きるそうです。

大きい生き物だけど長生きだなあと感じたのですが、皆さんが一度は耳にしたことのある

ザトウクジラはおよそ45〜50年生きるそうです🙀🙀

シロナガスクジラに比べると、体長11〜16m、体重30tと小さいですが長生きですね。

さて、シロナガスクジラのお話に戻りますが今現在絶滅危惧種ENに属しています。

なぜ絶滅危惧種になってしまったのかというと、1930年の捕鯨シーズン中だけでも3万頭の

シロナガスクジラが捕殺されてしまったそうです。

なので現在世界で数千頭しかいないそうです。

和歌山県でも鯨漁が盛んですが、私個人はちょっと食べれないな、、と感じてしまいます。

話を変えて、、

シロナガスクジラは上あごと下アゴが軟骨のみでつながっているので

直径10m近く口が開くそうです。

主にオキアミやカイアシ類、プランクトンを1日に4tくらい食べるそうです😋🍴

それくらい食べないときっと満腹にも満たないんでしょうね(´⊙ω⊙`)

食事に使われている人間でいう歯の代わりとなっている鯨髭と呼ばれる、髭板の部分は

一枚70cm以上になるそうです。

(インターネットより鯨髭)

身近ではないので、大きいのか小さいのかよくわかりませんがホッキョククジラやザトウクジラには

及ばないそうです。

シロナガスクジラが世界で1番大きい生き物というのは知っていたのですが、

シロナガスクジラの生態などは調べたことがなかったので知ることができてよかったです😸

私は、水族館でトレーナーさんが言ってたことや、ちょっとした本に載っていることしか知識がないので、、(・_・

ブログを書くことによって、知識も増えるので一石二鳥です🐥

長くなってしまいましたが、、また次回の紹介シリーズでお会いしましょう👋🏻