現在、世界中で新型コロナウイルス感染症による被害が増えています。

人は【三密】を防ぐため、私たちも不要不急の外出を控えていますが、

動物にも様々な感染症があり、その中には死に至る病気もあります。

特に子犬で下痢や嘔吐、咳といった症状がある場合、

私どもでは感染症を第一に疑い、他の動物への感染、動物の【密】を防ぐため

当院のマニュアルに従って対応しています。

 

①来院前に、まずはお電話により、時間の指定と、来院後の手順のご案内します。

②到着後は、車内から電話をいただき、担当スタッフが行くまで車内でお待ち下さい。

③その後車内で感染症の検査を行い、検査で陰性が確認できた場合は院内での診察、治療になります。

 

不幸にして陽性の場合は、車内での治療と自宅での経過観察、報告となります。

限られた人員で対応しておりますので長時間お待たせすることがありますので、事前にお電話ください。

朝一番など混み合っている時間帯に直接ご来院された場合は

他の動物への感染が拡大の恐れがあるので直ぐの診察とはならず長時間お待たせすることがございます。

スムーズなご案内ができるよう、来院前のお電話をどうぞよろしくお願いします。

 

人も動物も自分が【感染を広げてしまうかもしれない】という意識で行動することが

感染症を広げないためには大切です。

ご協力よろしくお願いいたします。

 

あさま動物病院 スタッフ一同