猫が伸びをしている姿を見ると

「こんなに長かった?」と思ったことありませんか?

実は実際に体の長さがかわっているようです。

猫は肉食獣なので比較的腸が短く、

人間をはじめとする雑食動物やほかの草食動物のように、

内臓部分が多くないため内臓を背骨で支える必要がなく、

高い柔軟性があると言われています。

背骨も非常に柔軟性があり「猫背」という言葉があるように、

背骨が柔らかく曲がります。

そのため瞬発力や俊敏性に優れています。

また猫は人間より腰の骨が多いため、

背中を伸ばしたり縮めたり、ひねったりすることが可能になります。

骨と骨をつなぐ役割をする靭帯や椎間板も柔軟性が高く、

関節は2倍の長さにまで伸びるとされており、

そのため1つ1つの関節をすべて伸ばすと、

猫の体は普段よりも2~3割程度も長くなっているそうです。

これに足の長さも加わると、猫が伸びている姿は普段よりも1.5倍くらい

長くなっているように見えるということです。

丸まったり、伸びたり、狭いとこに入ったり、

猫の体は変幻自在ですね😸

 

ささ

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454