この度、血液検査に画期的な腎臓の項目が登場しました。

SDMA検査といって、今までは腎臓の機能の75%が

失われた段階で上昇して分かったのですが、

この新しい項目は腎臓の機能の40%が失われた段階で

上昇してくるので早期に異常を発見できます。

私の猫(2歳)の話ですが、食欲が落ちていたのと

ちょうど健康診断の時期だったので

血液を採って検査に送ったらこのSDMAの値が

高いという診断でした。

そこでエコーで腎臓を見たら異常があり、

すぐに腎臓フードに切り替えることができました。

やはり、若いうちでも定期的な検査が大事なんだなと

思いました。

みなさんも症状が出てからではなく、

定期的な健康診断をすることで病気を早期に

発見して大事なワンちゃん、ネコちゃんを守りましょう!

2016060800004_1