寒さが日に日に増してきました。

気づけば一年もあと約2週間で終わりです。

皆さん体調は崩していませんか?

風邪をひきやすいこの季節。

気温の変化や、自身の疲労の度合いによって

体調を崩してしまうことがあるように

動物と一緒に居ることで体調を悪くしてしまうことがあります。

それは毛やフケによるアレルギーだったり、喘息だったり、

中には動物に使うお薬によって、飼い主さんが具合を

悪くしてしまうこともあります。

新しく動物を家族に迎え入れたとき、なんだか体調が優れない…

「今までは問題なかったのに…」

花粉症が突然発症するように、動物に対してのアレルギーも

いつ発症するかはわかりません。

私は小さい頃から動物に囲まれて育ちました。

一番多いときは家の中で犬3匹、猫5匹が一緒に暮らしていました。

元々アレルギー体質ではありましたが、特に体調に

問題はないまま動物看護師の学校へ進学し、就職も決まり、

さぁあとは卒業式だけ!となったころ。

思い返せば何か月も咳が止まらずに、異変を感じていましたが

風邪でもこじらせたのだと深く考えずに生活をしていました。

ですがあまりにもひどくなったので病院へ行ったところ、

なんと診断は「喘息」でした。

今は実家も出て動物が少ない環境になったのと、

お薬をうまく使いながら生活していますが

私のように成人してから発症する事もあるのです。

どんなに動物が大好きで、一緒に暮らしていきたくとも、

飼い主である人が体調を崩してしまうことになれば

元も子もなくなってしまいます。

とても悲しくてつらいことですが、そうなった場合は一度

きちんとこれからの動物との暮らしを考えなければなりません。

そこで私たちはそんな方のお力になれるような

お手伝いをさせていただいています(*^_^*)

動物が大好きだからこそ、自身の事を責めてしまうことも

あるかもしれません。

そんなときは私たちスタッフや先生とお話しませんか?

大好きなその子の為に、

一緒にこれからのことを考えてみましょう(*^_^*)

ゆっくりお話ができるように、特別な時間を設けています。

ぜひお電話にてご相談ください。

TEL:0267-32-6454