教えて原先生! ペットの心配ごと

「子猫のミルクボランティア」とはどのようなことをするのでしょうか。
小さな子どもがいても参加できますか?

  保健所で保護された離乳前の子猫を預かり、子猫の里親が見つかるまで自宅で授乳などの世話をするのが「ミルクボランティア」の仕事です。子猫の離乳まで1ヶ月から1ヶ月半、毎日4、5時間おきにミルクを与え、排泄の介助や健康観察など日々の成長を見守ります。
 生後まもない子猫を迎え入れるのですから不安もあると思いますが、病院スタッフがしっかり寄り添い対応しますので心配はいりません。ミルクや哺乳瓶、キャリーケースなど活動に必要なものや、活動中の治療費などはすべて当院が負担します。小さなお子さんがいてももちろん参加できます。子どもと一緒に生まれたばかりの命と向き合い育てる、貴重な経験となるでしょう。
 また、路上などで衰弱した子猫を見つけた場合、素手で触らずすぐ役所に連絡してください。

【原】