日中は日差しが強く、朝晩は肌寒くなってきました。

1日の中で温度変化が激しく、

また、日によっても温度差があるため

この時期は人も動物も体調を崩しやすくなります。

誰しもが経験するかと思いますが、

暖かいお部屋から、急に寒い外へ出ると

体がぎゅっと縮こまりますよね?

実は体の中の血管も同じように寒いとぎゅっと細くなります。

そうすると急激に血圧が上がって体調を崩してしまったり

最悪の場合、気を失って命に関わることもあります。

特に高齢な子や、心臓、腎臓に病気がある子は要注意です。

そうならないためには急な温度変化がないように

暖かいお部屋から、まずは室内の廊下や玄関で寒さに少しずつ慣れておき

体が寒さに馴染んだところで、ようやくお外にいくと

体への負担を減らしてあげることができます。

ただし、病気によっては寒い時期のお散歩は控えた方がいいこともあるので

必ず先生と相談しておくようにしましょう!

これから紅葉が綺麗になる季節なので、

安全、安心にお散歩ライフを楽しみましょうね\( ˆoˆ )/