果物がおいしい季節です。

柿やリンゴなど食べる機会も多いと思います。

そこで気を付けたいのが、種を飲み込んでお腹の中で詰まったり

大きい塊のまま飲み込んで窒息してしまう事故です。

種は消化されないので何年もお腹に残ることもあり、

忘れたころにお腹の中で悪さをして体調を崩したり、

緊急でお腹を開けて手術をすることもあります。

またリンゴなどを細かく刻んで与える方も多いと思いますが、

切っている最中に誤ってりんごを落として

足元で待っているわんちゃんが慌てて食べてしまわないように注意が必要です。

普段は細かく切っているので詰まらせてしまうことはなくても、

うっかり大きい塊を落としたら

わんちゃんは急いで食べて飲み込もうとするでしょう。

さらに飼い主さんも慌てて「だめ!」と声を掛ければ、

一層慌てて飲み込もうとしてしまいます。

そうすると喉に詰まらせてしまい、窒息して

最悪の場合は命に関わることがあります。

もしも喉に詰まらせてしまったら人と同じように

みぞおちのあたりを力いっぱいギュッと押しましょう。

それでも出てこず、苦しそうな様子であれば

急いで動物病院へ電話をしながら向かってください。

一分一秒を争う重大な事故ということを覚えておきましょう。

そういったことを防ぐには、キッチンにはわんちゃんが

入れないように柵を設置するのが良いでしょう。

おいしい季節、くれぐれも気を付けておいしく過ごしましょうね♪