こんにちは!ついに振りましたね…雪!!(;_:)

埼玉出身の私は雪に不慣れなので、

先手必勝!昨夜も家の周りを雪かきしたのですが…

朝起きたら元通りになっていました…とほほ。

 

さて、題名にある「春を迎える前に」。

何のことでしょう、まだまだ冬真っ盛りなのに…と、お思いですよね(^^;)(笑)

実は春を迎える今のうちに、準備をしておいたほうがいいことがあります。

なんだと思いますか??

それは、ネコちゃんの「避妊・去勢の手術」です。

どうしてかといいますと、

生後約半年を過ぎたお外に行く女の子の避妊手術が済んでいないままだと

春にお散歩へ行ったその30分の間に男の子と交尾して帰ってくることがあるからです。

多いときには一度に5匹も子猫を生むこともありますし、そうなれば自分の家で飼うのも大変です。

また自宅で飼わないのであれば里親さんを5人も探さなくてはいけませんよね。

しかも、ネコちゃんはわんちゃんとは違い、交尾排卵と呼ばれる体のシステムになっており、

交尾をしたときのみ排卵するようになっています。

そのため交尾をすれば約90%の確率で妊娠するといわれています。

さらに年に何回も発情したり、発情が長く続くので妊娠の確率が高く、

毎年そんなに子猫が増え続けたら…考えただけでも大変なことです。

また、男の子も去勢手術が済んでいないと、スプレー行動といって

壁におしっこを吹き付けるしぐさがあったり、

発情期のたびにワーオワーオ大きな声で鳴いたり

女の子を求めて外に飛び出して事故にあったり…と、

さまざまな行動が見られます。

なかにはテレビにおしっこをかけられ、壊れてしまった・・・なんてお話も伺います。

発情が来るたびに、家中そんな様子では家族も大変です。

その為に、避妊・去勢手術についてしっかりと考えなくてはいけません。

春になると予防シーズンも始まり、わんちゃんが多く来院されます。

緊張しやすいネコちゃんは、わんちゃんがいる動物病院へ来るだけでも大変です。

ぜひ冬の今この時期に、ご検討してみてはいかがでしょうか(*^_^*)?

lgi01a201310231700