今回は泌尿器についてお話します。

泌尿器とは、尿を作り出し排出する器官で、

主に腎臓(尿を作り出す)、尿管(尿を運ぶ)、

膀胱(尿を溜める)、尿道(尿を排出する)です。

 

泌尿器のトラブルはさまざまあります。

細菌感染症(主に膀胱炎)、尿石症、腎臓病、腫瘍などです。

 

まず、膀胱炎についてですが、

オスより尿道が太く短いメスの方が

細菌が膀胱に入りやすく膀胱炎になりやすいといわれています。

また、正確な原因が不明ですがストレスが関係して

特発性膀胱炎になることもあります。

症状は頻尿、排尿困難、血尿、排尿痛、尿の混濁などです。

尿検査をして、細菌がいる場合は抗生剤などを使っていきます。

また、ストレスなどが原因の場合はそのストレス源を特定して

なくすことも必要です。

 

次は尿石症です。

結石が出来た部位により、腎結石、尿管結石、

膀胱結石、尿道結石と名称が異なります。

原因は主にフードのマグネシウムなどのミネラル含有量や

遺伝、細菌感染などです。

結石の種類は、

フードなどで溶かすことが出来るストラバイト結石(比較的多い)、

フードなどで溶かせないシュウ酸カルシウム結石などがあります。

ちなみに私の猫は、とても細い尿管にシュウ酸カルシウム結石ができ、

東京の病院で手術をし、外科的に取り除きました。

フードは小さいころから気を付けていたのですが・・・

尿石症の症状として、血尿、頻尿、排尿困難などがあります。

先日フィラリア検査に来たわんちゃんもお話を伺うと、

排尿時に痛そうな声を出すとのことで

エコー検査、レントゲン検査を行ったところ、

膀胱と尿道に結石がありました。

なにかいつもと違う様子がありすぐに気づけたら、

病気の早期発見に繋がるのでささいなことでも

問診の時におっしゃってくださいね。

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454