例年の比にならないくらいのうだるような暑さ・・・。

長野県とは思えないですよね(;’∀’)

ニュースでも毎日、熱中症で運ばれたと話題になっています。

ですが熱中症になるのは人だけではありません!

わんちゃん猫ちゃんもこの暑さでは熱中症や脱水を起こしてしまいます。

扇風機だけでは室内の熱い空気だけを循環してしまい、

暑さ対策としては不十分です。

この暑さでは、やはりクーラーがお勧めです。

とくに高齢の動物や鼻が短い品種の子は温度調節が苦手で、

熱中症になりやすいので温度設定も室温が23~24度くらいに

保てると過ごしやすいでしょう。

お外に住んでいる子はさらに注意が必要です。

日陰になるスペースを作ってあげたり、

ペットボトルを凍らしたものをおいたりするなどしましょう。

熱中症かも!?と思う症状があったら、すぐに体を冷やすことが大切です。

熱中症の症状としては

●呼吸がハアハアと荒く、舌が真っ赤

●体がいつもに比べて熱い

●舌がだらんと出てしまい、意識がはっきりしない

などがあげられます。

体を冷やす方法は

●冷水のシャワーで全身を濡らし続ける

●濡らしたタオルを体にかける

●氷水や保冷材などをくびも首元や首の後ろにあてがう

●お水を飲ませる

などが有効です。その間に動物病院へ連絡をして、

体を冷やしながら向かいましょう。

実は昨日も熱中症できた患者さんがいましたが、

体を冷やしながら来てもらったので

来院時に40度以上あった体温も1時間しないで38度台まで

下げてあげることができ、無事にお家へ帰ることができました。

とにかく体を冷やす!!

これを覚えておいてくださいね(^^)/