ここ最近暑い日が続き、体調を崩してしまう

わんちゃんやねこちゃんも多いと思います。

そこで注意しないといけないのが熱中症です。

熱中症とは、体温調節機能がうまく働かなくなり

高体温や脱水症状、血圧低下などを引き起こす

ことで生じる疾患です。

原因は「高温多湿の環境に放置してしまう」「過度な運動」

「暑い時間の運動」「熱放散の低下」などです。

他にも、犬種の特性や病気、肥満などが原因になることもあります。

症状は主に呼吸が荒く心拍数が早い、体を触るといつもより熱い、

口の中や舌の色が赤い、よだれが多い、

元気がなくぐったりしているなどがあります。

特に危険な症状は、ぐったりしていたり

チアノーゼ(口の中や舌の色が青紫)になる、

嘔吐や下痢などの消化器症状がある場合は危険です。

また、熱中症の初期症状は体温が高くなるので

体が熱くなりますが、症状が進行し重症になるとショック状態になり

体温が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

熱中症は重症になると命の危険がある病気です。

ですが、対策していれば防ぐことができます。

お部屋の温度や湿度、お散歩の時間を気をつける、

お出掛けをする時にはお水を持ち歩くなど

普段の生活から心がけましょう。