今回の犬種紹介はポメラニアンです。

サモエドが祖先犬と伝えられていて、

東欧のポメラニア地方でやや小型化されたものが、

18世紀以降に英国で愛好され、

さらに19世紀中頃から小さいタイプが流行し、

今日の犬種に固定されました。

特にビクトリア女王が愛好したことから流行り出したそうです。

性格は活発で飼い主に対して忠誠心が強く、

物覚えが良いので訓練しやすいとされています。

 

毛足が長く綺麗な被毛が特徴的ですが、

アロペシアxと呼ばれる脱毛症になってしまう子が多いです。

よくポメハゲと呼ばれます。

原因はハッキリと判明していない病気ですが、

特にポメラニアンを始めとする北欧犬種、

シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなどが

この病気になりやすい傾向にあります。

症状は脱毛のみで健康状態に問題が出ることはありません。

 

また被毛に関して、夏場になるとよくサマーカットとと呼ばれる、

バリカンで体の被毛を刈るカットがありますが、

毛を刈ったからといって涼しくなるわけではありません。

被毛は断熱材の役割をしているので、

寒さだけではなく暑さや直射日光を遮断してくれるので、

とても重要な役割をしています。

そのため安易に被毛を短くしてしまうと

毛が生えてこなくなってしまったり、

皮膚を守る機能が失われたりするので注意しましょう。

ただ、換毛期などに抜け毛をそのままにしておくと、

熱が篭りやすくなるので、

しっかりブラッシングをしてあげて管理しましょう。

 

 

ささ

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★