先日、長毛種の猫ちゃんが診察にみえました。

毛玉が気になるということだったので

きれいにしました。

普段は固まったものが自然にはがれるということでしたが

今回はブラシやコームが通らないくらいの毛玉だったので、

バリカンで刈ってみると、、、

毛がもつれ、フェルト状になっていました。

毛玉同士が連なって、まるで抜け殻のようです。

長毛種はお手入れが難しく、すぐ毛玉になってしまい

悩んでいる飼い主さんも多いと思います。

換毛期などによる、多くの抜け毛が毛玉の原因になったり、

毛玉を取ろうと、飼い主さんがシャンプーをしたあと

乾かし残しがあると、その水分が毛玉の原因になったりと

きっかけは様々です。

毛玉をそのままにしておくと今回の猫ちゃんのように

いくつもの毛玉が繋がりあって、フェルト状になってしまいます。

また、体や毛についた汚れが接着剤がわりになることもあるので、

そのままにしておくと、細菌が繁殖し

皮膚炎などに繋がったり、猫ちゃん自身が毛玉を気にして

必要以上に掻いてしまい赤くなったり、傷になることも。

毛玉をつくらないように、日頃から毛玉になりやすい

耳の後ろ、脇、内股などをまめにブラッシングすることで、

毛玉を取るだけでなく、スキンシップにもなるのでオススメです。

また、シャンプーも効果的ですので

気になる方はご相談ください!

ささ

御代田町あさま動物病院
御代田町、軽井沢町、佐久市、小諸市、東御市、上田市エリアの動物病院です。