猫のシャンプーについて紹介したいと思います。

最近は室内飼いの猫ちゃんがほとんどなので、

汚れたりすることは少ないと思いますが、

汚れ以外にも毛玉、もつれなどをそのままにしておくと、

そこに皮脂やフケなどがからまって、

細菌の温床になってしまう事もあり、

それが原因で皮膚炎になってしまう可能性もあります。

特に、毛の長い長毛種の猫ちゃんは、

毛が絡まりやすく、すぐにもつれて毛玉になってしまうので、

定期的なブラッシング等が必要になります。

病院で猫ちゃんのシャンプーをする時は、

乾かす際にブラッシングをしながら乾かすので、

毛玉もきれいに取ることが出来ます。

また、野良の子猫などを保護された際には、

ノミやダニ、お腹に寄生する虫の卵などが付いている

可能性が高いので、お家に入れる際には、

シャンプーや、虫下しなどをすることをお勧めしています。

病院でもシャンプーできるのでご相談ください。

*猫ちゃんはもともと水が苦手なので、

万が一、ひどく興奮して暴れてしまう場合は、

中止させていただく事もあるのでご了承ください。

 

この前シャンプーをしたサキちゃんです。

あまり嫌がらずにシャンプーさせてくれました。

綺麗にふわふわになりました!

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454

ささ