最近、猫ちゃんのシャンプーについて聞かれることが多いので、

シャンプーの必要性や、やり方についてお話ししようと思います。

病院でも猫のシャンプーをしていますが、

ひどく興奮してしまう子の場合は無理にやらずに、

ブラッシングや爪切りなど、

出来る範囲でやらせてもらう場合もあります。

基本的に猫ちゃんはお水が苦手な動物です。

理由は諸説ありますが、猫ちゃんの先祖のリビアヤマネコは、

砂漠地帯で、朝晩の寒暖差が激しい地域に生息していました。

夜間はとても気温が低くなるため、

水に濡れたまま夜を迎えると体が冷えて、

命に関わるため、濡れるのを好まないと言われています。

その本能が現在の家猫にもあるため苦手な子が多いようです。

水が得意な猫種もいますがほとんどの子は苦手なようです。

シャンプーですがワンちゃんと違い、

猫ちゃんは自分で毛づくろいをして体を綺麗に保っているので、

基本的にはシャンプーは必要ありません。

しかし、毛玉、もつれが出来やすい長毛種や、

皮膚炎になってしまった時に治療、予防の一環としてシャンプーが

必要な子がいます。

また、野良の子猫を拾った場合も、

体に寄生虫の卵がついている可能性が高いので、

シャンプーをすることをおすすめしています。

お家でのシャンプーする場合は、

いきなり水をかけずに、桶に水を溜めて徐々に浸からせたり、

スポンジなどに水分を含ませ、拭くように濡らしてあげると、

パニックになりにくいです。

シャンプー後はしっかりドライヤーで乾かしてあげてください。

慣れていないと大変なので、

お気軽にご相談くださいね🐱

ささ

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★