先日、東京まで猫のデンタルケアのセミナーに行ってきました。

猫ちゃんは、デンタルケアをしないと口内炎になり

ごはんを食べられなくなる子が多いので、

なにかうまくできる方法があればと思い行ってきました。

猫ちゃんのデンタルケアのイメージは

難しいイメージがあるかと思いますが

慣れてしまえば意外と難しくないようです。

 

まず、猫ちゃんの歯の構造ですが

歯数:乳歯26本 永久歯30本

歯列:切歯 上下6本ずつ

犬歯 上下2本ずつ

臼歯 上下7本ずつ

となっていて奥歯まで全部尖っています。

犬猫の口の中はアルカリ性で虫歯はありません。

(虫歯は酸性でなりやすいです)

しかし、猫の2歳以上の約80%が歯周病だそうです!

歯周病と歯肉口内炎の原因は

■歯垢・歯石の沈着

■外傷・慢性疾患などによる免疫力低下

■1歳未満で発症する場合、ウイルスや栄養不良による免疫力の低下

などです。

症状は

■口臭・流涎

■食べにくそうにする、ドライフードを嫌がる

■口を痛がる、出血する

■顔が腫れてしまう

などです。

治療は

■内服薬

■サプリメント

■スケーリング

■抜歯

などです。

猫にデンタルケアをおこなうことのメリットは

■口腔内のケア

■口に触れることで診察・投薬がスムーズになる

■病気の早期発見に繋がる

■愛猫と触れ合う時間にキレイだと過ごしやすい

などがあります。

 

今回のブログでは基本的なことについてお話ししましたが

次回からやり方や何を使えばいいかなどお話をしていきたいと

思いますのでご期待ください。