最近、長毛種の猫の毛玉に悩んでいる

飼い主さんが多くいらっしゃいます。

毛が長い分、日ごろからブラッシングなどをして

抜け毛を処理してあげないと、

あっという間にもつれや、毛玉ができてしまいます。

特に、これから換毛期でたくさん抜け毛が出てくると思います。

抜け毛をそのまま体表に残したままにすると、

そこに皮脂汚れや、食べかすなどが絡まり、

お水を飲んだ時に飛んだ水などで固まって、

取るのが手ごわい毛玉になってしまいます。

また、皮膚にがっちりと毛玉がついている状態が続くと、

常に皮膚が引っ張られているため痛がったり、

毛玉が細菌の温床になり、皮膚炎を引き起こすこともあります。

ひどい時には、毛玉同士が連なりフェルト状になって、

バリカンで刈らないと、取れなくなってしまいます。

そのため、日頃のブラッシングが大切になってきます。

もちろん中には、ブラッシングが苦手な子もいるので、

大変だとは思いますが、毛玉になる前のもつれや、

小さい毛玉のうちに取ってあげることが出来れば、

猫ちゃん自身も負担が少なく済みます。

病院でもブラッシングやシャンプーの相談を

受け付けていますので、

簡単に取れるうちに、ぜひご相談ください。

 

*毛玉取りやシャンプーで長い時間、

動きを抑制させると負担が大きくなって、

我慢できずに攻撃的になってしまう場合があるので、

猫ちゃんの様子を見ながら、飼い主さんと相談しながら、

出来るだ負担が少ないように行っています。

そのため途中で中断することもあるので、

あらかじめご了承ください。

ささ

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★
TEL 0267-32-6454