最近の猫ブームの陰で、この病気を発症し若くして亡くなる猫が多く見られます。

この病気は滲出型(ウェットタイプ)と非滲出型(ドライタイプ)があります。

多いのは滲出型で、元気消失・食欲不振・高熱・黄疸・脱水などの症状が出て、

症状が進むと腹水貯留によりお腹が膨れたり、胸水貯留による呼吸困難が認められます。

非滲出型の方は神経症状や眼病変が認められます。

この病気の原因の猫伝染性腹膜炎ウイルスは自然界には存在せず、

コロナウイルスが突然変異し体の中で増殖すると発症します。

この病気になりやすい猫の特徴として

①他の病気に感染し免疫力が弱い猫

②ブリーダーからの弱い猫

③多頭飼いでストレスのかかっている猫

④高齢の猫

があります。

ペットショップやブリーダーの元から来た猫で心配な方は、

血液を採って抗体価の検査が出来ますのでご相談ください。