ワンちゃんの皮膚病は

動物病院に来院する最も多い病気と言われています。

ワンちゃんの皮膚は人と違い、大変薄いのが特徴で

その薄い表皮を保護するために、被毛が生えています。

そのため、温度差や湿度に敏感で

暑さや多湿・乾燥には弱いと言われており

人よりも皮膚病に関する病気が多いとされています。

皮膚病の症状としては、脱毛・体が臭う・皮膚が赤い…など

さまざまで多くの場合、痒みをともないます。

症状が悪化すると、皮膚が黒ずんできたり

眠れないほどの痒みになることも。

そんな症状を緩和させるために、お薬以外にも

薬用シャンプーを行うことがあります。

診察の結果をもとに、シャンプー剤を決め

週に1〜2回病院でシャンプーをすることで

痒みや皮膚の赤みを和らげられることができます。

ただし皮膚病は長期戦になることもあるので

早めの診察をオススメします。

気になる方は、一度ご相談ください。