最近お尻を擦る仕草をしている。

お尻周りが気になって舐めている。

などの行動があったらもしかしたら肛門腺が溜まっているかもしれません。

肛門腺とは肛門の左右に一つずつ肛門嚢という袋があり、

その中に分泌液が溜まっています。

この匂いを嗅げ分けて他のワンちゃん、ネコちゃんを識別しています。

よく、初めって会った犬同士でお尻の匂いを嗅ぐことがあると思いますが、

相手の情報をそこで得るために匂いを嗅いでいます。

また縄張りの匂いづけにも使われます。

通常は排便時や興奮した際などに分泌液が出ますが、

個体差によっては出づらかったり、溜まりやすい子がいます。

溜まりすぎると炎症を起こしたり、

膿んで肛門嚢が破裂してしまうこともあるので、

定期的に肛門線を絞ってあげることが必要です。

お尻を擦っていたり、気にして舐めたりしている時はご相談ください。

よくネットで肛門腺絞りのやり方などが載っていますが、

確実に出すのはかなり難しいので、

病院での処置をお勧めしています。

ささ

御代田町 あさま動物病院は
★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 長野原町エリアの動物病院です ★