今まで普通に歩いていた子が、

突然、歩けなくなってしまう…。

走り回る姿を見ていると考えられないことですが、

さまざまな病気でそうなってしまうことがあります。

その病気の1つが「椎間板ヘルニア症」です。

よく「ヘルニア」とだけ言われることがありますが、

ヘルニアの本来の意味は「逸脱する」です。

腰のヘルニア、首のヘルニア、おへそのヘルニアなど

じつはたくさんあるんです。

今回は腰の神経に深く関係している「椎間板ヘルニア」によって

突然歩けなくなってしまった子のお話です。

その子はトイ・プードルの7歳の男の子。

まだまだ元気いっぱいで、遊ぶのが大好きです。

ある日いつも通り1時間ほどお散歩を楽しみ、

飼い主さんはお買い物へ出かけました。

帰宅すると、その子はすでに後ろ足がよろつき

上手く歩けない状態になっていました。

急いで病院へ連れて行き、治療を行っていますが

今日現在、まだ歩けるようにはなっていません。

ですが家族がいつまでも歩けないことを悲しんでいても

ワンちゃん自身は食欲もあって元気もいっぱい!!

そこで車いすのお話をさせていただきました(*^_^*)

車いすと聞くと「一生歩けないんだ…」と

マイナスなイメージで受け取られてしまうこともありますが、

歩く刺激を与えることでリハビリの一環としても

取り入れられており、プラスの効果も期待できます。

ご家族にお話をしたところ、なんと早速車いすで来院してくれました!

それもお父さんの手作りの車いすで!!!

 まるで既製品のようです!カバーも暖かそう♪ お外を眺めたり… お母さんについて行ったり

モフと遊んだり♫

自分の意志で自由に楽しそうに歩き回る姿を見て

ご家族も私たちスタッフも明るい笑顔になっていました。

やっぱり自由に歩けると楽しいね(*^_^*)♪