蜜蜂という単語に惹かれて買って読み始めたこの本の内容は、

昨年松岡茉優さん主演で映画化されたこともあるので

ご存じの方も多いかと思います。

日本で行われるピアノコンクールに出場するコンテスタンを巡る小説です。

テンポよく話が展開していくので、自分(ピアノは弾けません)も

コンテスタントの一人になったような感覚で先へ先へと読み進めたくなります。

また、多分有名な楽曲名がたくさん出てきますが、

クラッシック特にピアノは、フジコ、ヘミングの“ラ カンパネラ”が好きで、

他の曲をあまり聴かない私にとっては知らない曲ばかりです。

でもこの作品を読んでいると作中の曲って?と、これらの曲を聴いてみたくなり、

ある曲をアップルミュージックに入力しました。

すると検索の最初に“蜜蜂と遠雷”のアルバムが現れて、思わず、

これって小説と音楽のコラボ!技術の進歩に驚きながら、

そのピアノ曲を聴きながら小説を読み切りました。

私が子供の頃これらの曲を続けて聴きたいと思ったら、

レコード店に行ってクラッシックのレコードを何枚も買い、

作品中の曲をカセットテープに録音する作業を繰り返し

自分だけのアルバムを作っていたでしょう。が、今はと検索するだけで、

YouTubeで小説に登場する順で著明なピアニストの

演奏を楽しむことが出来る未来へ来たです。”(笑)

このことに改めて感嘆したのですが、そこで不思議に感じたのがなぜクリックすれば、

いつでもどこにいても偉大な奏者の演奏を聴くことの出来る時代に、

わざわざ多くの時間を練習につぎ込んでピアニストになりたい人がいるのかということです。

“ん〜 ”そんなことを考えていたら、AI内臓の犬のロボットを買うことの出来る時代に、

多くの人が何故生体を飼うのかという疑問が沸きました。

子犬や子猫の世話は時間がかかって大変です。いつ病気になるか分からないし、

都合よくしつけが出来るか分からないし・・・

“蜜蜂と遠雷”作者は恩田陸さんです。まだお読みでなければ是非!                ハラ

御代田町 あさま動物病院は

★ 御代田町 軽井沢町 佐久市 小諸市 上田市 東御市 エリアの動物病院です ★

TEL 0267-32-6454