がんばろう日本!

大変な世の中ですが、ペットの癒しの力をかりて、がんばりましょう!

そんなペットの癒し効果について皆さんは考えたことありますか?

犬や猫の可愛らしい顔や仕草をみるだけで癒されますが、

科学的にも効果があることが分かっているそうです。

また、癒されるだけでなく健康にも良い影響があるそうです。

これには「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」などと呼ばれる、

「オキシトシン」が深くかかわっています。

オキシトシンは人間の赤ちゃんを抱っこしたりした時に出てくる

癒しホルモンで、分泌されることで心理的にも健康的にも効果があり、

人間との触れ合いだけでなく、ペットとの触れ合いでも

分泌されることが証明されているそうです。

犬や猫をなでたり、抱っこしたり、触れ合うことでオキシトシンが

分泌され、幸せを感じやすくなり、心が穏やかになるということです。

また、猫が喉をならす「ゴロゴロ音」には医学的な作用があるようです。

ゴロゴロ音は20~50ヘルツの低周波で、

これは免疫力を上げて、傷を癒すという驚きの効果があるそうです。

確かに心地よい音ですよね。

そばにいてくれるだけで、癒しになる存在ですが、

科学的な根拠に基づく意外なものもありました。

人とペット、お互いにかけがえのない存在でありたいですね!