今年の6月にマイクロチップ装着を義務付けることなどを柱とする

改正動物愛護法が成立しました。

脱走や災害などで迷子になった際にマイクロチップが入っていると

専用の機械で読み取った際に15桁の番号が表示され飼い主さんの情報と照合出来ます。

うっかり外へ出てしまった場合、保護した方が病院に連れて来て

マイクロチップが入っていれば飼い主さんを確認することができます。

また、首輪に名札を付けている子もいますが、万が一首輪が外れてしまった場合にも
機械で読み取れば情報が分かるのでとても役に立ちます。

マイクロチップは首のところに入れます。

以前、御代田の方で迷い猫を保護した際、当院に来て機械で読み取ったところ、

マイクロチップが偶然にも入っていて飼い主さんと連絡を取ることが出来ました。

今年の春から飼っている方で、避妊・去勢を考えている方は

麻酔をかけた際に動物に負担なく入れられます。

成猫、成犬でも入れることが出来るのでご相談ください。