気づけば今日から12月!1年は本当にあっという間ですね…。

寒さも日に日に増しているような気がします。

そんな寒い中、わんちゃんたちの毎日のお散歩は

やはり欠かせません…が!!

いくつか注意しなければいけないことがあります。

①暖かいお部屋の中から、急に寒い外へ出ると

心臓が驚いてしまい、体調を崩すことがあります。

玄関などで少し寒さに慣れてから外へ出ましょう。

特に心臓が悪い子は健康な子に比べて寒さが負担になるので、

お散歩が不安な場合は獣医師にご相談くださいね!

②だんだんと地面が凍ってきたり、雪が降ってくると、

肉球を傷つけてしまうことがあります。

特にカチカチに固まったところは要注意!

凍っていないところを歩いて行くようにしましょう。

③融雪剤の塩化カルシウムが撒かれているところは

動物達の肉球が荒れてしまったり、

毛繕いなどで融雪剤が付着した手足を舐めると、

胃腸炎を起こす可能性があります。

出来るだけ避けて歩いたり、嫌がらなければソックスを

履かせたり、帰宅してからよく洗うようにしましょう。

④毛が長い子は雪玉ができやすく、

そのままにしていると、毛玉ができたり、

皮膚の状態が悪くなってしまうことがあります。

帰宅したら暖かいお湯で溶かしてあげるか、

ドライヤーを用いてしっかり取り除いてあげましょう。

洋服を着せたり、ソックスをはかせると

雪玉ができにくいのでお勧めです(*^_^*)

 重たそうです。

以上の事に気をつけながら、冬のお散歩を楽しんでくださいね♪