ペットが下痢、おう吐などの症状を起こしたら、うんちや吐いたものをスマートフォンなどで写真に収めておきましょう。写真を見ながら説明を聞けば、症状がよりわかり、腸内寄生虫の発見に繋がる場合もあります。皮膚の炎症も写真に収めておくと、治療の経過がわかって便利です。ペットの健康作りにスマホを上手く活用したいですね。排泄物だけでなく、可愛く撮れたペットの写真もぜひ見せてください。

【原】