先日、15歳のわんちゃんが天国へと旅立っていきました。

体重が25kgちかくあった大きな子です。

以前から腎臓や心臓が弱くなっており、お薬や専用のごはんで管理をしていました。

飼い主さんは一人で暮らしていて、さらに日中はお仕事で不在のため、

朝になると毎日病院へ預けに来て、夜にお母さんと帰宅する生活を

ここ1ヶ月ちょっと続けていました。

最初のうちは元気もあり、よたつきながらも

お迎えに来たお母さんのところに自力で歩いて行ったり、

ご飯も口元に持っていけば食べたりしていましたが

高齢のなこともあり、徐々に病気も進行し、少しずつ弱っていきました。

それでも私たちにできることを最大限に、ご飯を注射器を使って与えたり、

体が熱くならないようにお部屋を管理したり、

寝たきりで排泄してしまうので体が汚れないようにトリマーさんにカットしてもらったり

苦しくないように酸素のお部屋を作ったり…

飼い主さんも、寝たきりのわんちゃんを運びやすいように

大きなワゴンを用意して移動しやすくしたり、

補液を自宅でも行ったり、食べそうなものを用意したり、

わんちゃんが最後まで幸せでいられるように

飼い主さんと病院スタッフ、そしてトリマースタッフみんなが

一丸となり力を合わせてきました。

そして…

先日の朝、自宅にてお母さんと一緒にいるときに息を引き取られました。

本当に、本当に長い間、よく頑張りました。

最後までお母さんのことが大好きで、

お迎えに来ると嬉しそうに顔をあげていたのが忘れられません。

天国では、同じお家で暮らした他の子たちと元気に走り回っているかな?

毎日様子を見ていたので、私たちもさみしいです。

でも、この子から教わったことが沢山、沢山あります。

私たちはそれらの学んだことを、つぎに迎える動物たちへ活かしていきたいと思います。

今まで本当に、ありがとう。

あさま動物病院 スタッフ一同