ダニの予防についてpart2

前回に続き、今回はマダニについての

お話しをしたいと思います。

ダニは8本足の生き物で、クモの仲間に分類されます。

ダニの中でも犬や猫に寄生して吸血するのは、

土のある場所に生息するマダニです。

マダニはどこにでも生息していますが

特に好む場所は山や森、河原の土手などの

草むらです。

お散歩コースの公園や草むらに潜み、通りかかった

犬に飛び移って寄生するタイミングをうががっています。

なので、散歩中はできるだけ草むらの中に入らないよう

に注意しましょう。

マダニは、成長に必要な栄養すべてを哺乳類の血から摂るため

ノミとは違い、成虫だけでなく幼虫も吸血します。

犬や猫だけでなく、人など哺乳類の皮膚に寄生し

セメントのようなもので自分の口を固定し、自分の体の

100倍の大きさになるまで吸血します。

もしも犬や猫の体にマダニのような物を見つけた場合は、

無理に取ったり、潰したりしないようにしてください。

無理に取ると、マダニの顎の部分が皮膚に残り

跡になってしまったり、化膿や腫れを起こすことがあります。

またそのマダニが病原体を持っていた場合、傷口などから

ウイルスが入り、感染する可能性もあり危険です。

マダニは潰さず専用のピンセットで、慎重にとる

必要があるので、見つけた際は病院に連れてきてください。

マダニが媒介する感染症は様々あり、最近ニュースで

話題になった重症熱性血小板減少症症候群(SFTS)

もそのうちのひとつの病気です。

人が感染した場合潜伏期は、マダニに咬まれてから6日~2週間で

発熱、下痢・嘔吐・腹痛などの消化器症が多く認められ

頭痛、筋肉痛、意識障害、失語などの神経症状を

起こすこともあります。

重症化すると、肝腎障害や多臓器不全を起こし

死に至ることもあるとても怖い病気です。(致死率約30%)

みなさんしっかり予防をしましょう。